悩ましいタトゥーはタトゥー除去で消す|若気の至りに別れを告げる

女性

タトゥーを消す

体

タトゥー除去をするうえでその方法とタトゥー除去する時の理由をしっかり踏まえて、除去を検討すべきでしょう。またミスのない、綺麗な仕上がりになるように、医師選定をきちんと行なうことが求められます。

View Detail

どのようなものなのか

刺青

今後どう変わっていくのか

タトゥー除去の方法は年々進化してきており、今までは難しいとされていたものまで消すことができるようになってきました。しかしタトゥーの大きさや状態によっては、完全に消すのが難しかったり、大きな傷跡が残ってしまうこともあります。そこで今後は、タトゥーの色素を抜き出すようなものも登場してくるのではないでしょうか。薬品などによって、色素にのみ反応して溶け出させるようなものです。これでしたら傷跡を残すこともありませんし、皮膚を傷める心配もありません。応用すれば、シミやソバカスなどの除去にも効果を発揮するでしょう。傷跡の心配があり除去を躊躇してしまう人もいますので、こうした方法ならば施術を受ける人も増えるような気がします。

どんな特徴があるのか

タトゥー除去というのは、方法によって特徴に違いがあります。まず皮膚を切除するタイプの除去方法ですが、こちらは皮膚そのものを切除するため、大きさに関係なくタトゥー除去ができるのが最大の特徴でしょう。そのため、レーザーでは難しい大きなタトゥーでも消すことが可能です。但し大きなものは、切除するための皮膚が再生するのを待たなければならないため、何度かに分けて施術する必要があります。レーザーの場合には、時間が短く傷跡が残りにくいのが特徴です。小さなものならば15分程度で終わります。また近年では、レーザーでは難しいとされていた赤、青、緑のものも消すことができるようになっています。但し、大きなタトゥー除去には向いていません。医師と相談しながら自分のタトゥーに応じて除去を行なっていきましょう。

タトゥーを除去する方法

背中

タトゥーを入れて後悔している場合、知っておきたいのが美容整形外科で除去が可能だという事です。サイズの大きなタトゥーは傷が残りやすいのですが、今後はタトゥー除去の技術も進み傷が残らないようになると予測されます。

View Detail

目立たないようには出来る

脚

タトゥー除去の主な方法には、レーザー除去法と切除法があります。どちらの施術も、タトゥーの色素や範囲によって向き不向きがありますので、事前にしっかりとそれぞれの施術の特徴を把握しておくことが大切です。信頼できるクリニックを選びましょう。

View Detail